ただ、ボラを愛でたくて。BL感想日記

ただ、ボラを愛でたくて。BL感想日記

ミーハーとマイナー上等。ニアもブロマンスもニオイ系も好き。読んだBL感想をネタバレなしでレビューします。

とにもかくにも顔が良い。スパダリ生徒会長×美人教師BL漫画「先生で、セックスの練習していい?」(麻生実花)感想

読書系の雑誌で各出版社の新刊タイトル一覧をぼんやりと眺めてみる。先生が生徒に別の意味で舐められたり、セクシーな隣人が淫らだったり、意外と過激なタイトルが多い。

 

ほへー、官能系って実はアツいジャンルなのか? なんて思っていたら、A●azonさんが私におすすめしてくれた作品にソレが出てきてBLと知る。いや、わたしそんなハード系はあまり読まないよ…全く読まないと言ったら嘘になるけど!

 

この頃発売を楽しみに待っていた作品のなかで、ダントツでぎょっとするタイトルといえば麻生実花の「先生で、セックスの練習していい?」だ。絵柄が好みすぎて、珍しく単話買いしていたやつ。けしからんタイトルだが、ハード系ではないから安心してほしい(?)

 

本作は、ひょんなことからイケメン生徒会長・大河と同じ屋根に住むことになった美人教師・槙原(♂)のエロきゅんBL漫画。うっかり自分がゲイであることを大河に知られてしまった槙原。秘密にしておいてもらうために、彼女としようとすると勃たないという大河の練習相手になるという。ちなみに大河、槙原には初回からしっかり勃ったよ!

 

とにかく本作は顔がいい。顔というか、絵がめちゃくちゃキレイ。少女漫画をBLにしましたくらい、エロは多いけど清潔感たっぷり。まあ最近は女性向けのエロ漫画も多いけど、それに比べたら大分マイルド…と思う。

 

出会い、すれ違い、結ばれる。気負わず安心して読める王道プロットで、いい意味でさらりと読める。そして何度もいうが、どのコマをみても顔がいい(ココ重要)。

 

スパダリ×美人というCPだけど、肝心のところで臆病風にふかれたり、料理が壊滅的だったり、年下かつ学生攻めならではの大河の青臭いキャラクターがよき。これから磨きがかかって、アダルティなスパダリに成長していくんだろうなあ。

 

 

もしもあの時、好きと言えていたら。「セックスアンフレンド」(相野ココ)感想

ちょっとしたすれ違いを、ボタンの掛け違えということがあるけれど、そうじゃないと思うんだ。

 

ボタンを掛け違えたくらいで、人はずっと引きずったり、後悔し続けたりするわけない。…ほんの、ちょっとしたことだったんだと、自分に言い聞かせて、諦めようとする口実なんじゃないだろうか。

 

好き。たったの一言で良かったのに。自分の想いを正直に吐き出せなかったふたりが、ずいぶんと遠回りして愛し合うまでを描いた相野ココの「セックスアンフレンド」。高校を卒業する日にはもう、ふたりは相思相愛だったのに、それから5年を経てようやく結ばれる話。

 

たった一言でいい。とは言ったものの、高校3年、卒業の日。ふたりはずっと本音にフタをして、あるいは自分の気持ちにすら気づいていなくて。

 

言えるわけがなかった。男の自分が、男の彼に。

 

宙ぶらりんのまま時は流れ、ひとりは1回限りの関係を繰り返し、ひとりは俳優として熱愛スキャンダルの中にいた。

 

突然自分を切り捨てた相手に復讐しようと近づくひとりと、自分を罰しようと相手のあらゆる思惑に気づかぬふりをするひとり。

 

攻めとか受けとか、当て馬とか、その言葉どおりの、王道をいくキレイなストーリーラインなんだけど、BL用語を使ってうぇーいと語るのがちょっと出来ないくらい、甘酸っぱくて、苦くて、後味さわやかなラブストーリー。

 

どうして好き合っているのに、こんなに歪んでしまったんだろう。幸せでいられないんだろう。そんな苦しさを経て、ふたりがあの頃に戻ったかのように想いを通わせ合う時のカタルシスったら、金曜の朝から滲む涙が耐えられなかった。

 

とくに寡黙な男の想いが溢れて、涙がぽろぽろ、顔ぐしゃぐしゃなシーンに心が鷲掴み。それを変わらないなって、優しく包み込んで重なるふたりの尊いことよ。もう3周くらいしたけど、その度に胸がいっぱい。

 

ボタンを掛け違えたと気付いて割り切ろうとするのではなくて、認めて解いて、あるべきところに戻っていく。空いた穴がぴたりと埋まるみたいな、気持ちのいい作品。大好き。

 

アリスのためならどこまでも。ブロマンス感漂う本格ミステリ「スウェーデン館の謎」(有栖川有栖)

不意打ちでブロマンス砲をくらった気分だ。有栖川有栖の「スウェーデン館の謎」。かの臨床犯罪学者・火村英生と、作家で助手の有栖川有栖ことアリス(♂)が活躍する本格ミステリー長編である。

 

うんと昔から「火アリ」という界隈がアツいのは知っていたけれど、…いやあ、火村ぜったいに好きだろ、アリスのこと!!!?

 

スウェーデン館の謎」は、小説の取材のために、ひとりで福島の裏磐梯(うらばんだい)を訪ねていたアリスが殺人事件に巻き込まれ、光の速さで駆け付けた火村がみごと真犯人を突き止めるストーリー。犯行時に積もっていた雪に犯人と思しき足跡が残っていないという不可解な密室トリックに挑む超本格ミステリーだ。

 

火村は犯罪を確固として許さない、というか、殺人を犯したのに逃げようとする相手に容赦がない。神様なんて信じやしないから、自分の力が及ぶ範囲でそんなやつらを叩き落としてやる、という信念の持ち主である。

 

そんな火村が今回、真犯人を前にとんでもないことを言った。ネタバレを避けるために搔い摘むと、愛する人のためなら、自分は犯罪を厭わないだろう、と断言したのだ。

 

私が驚くほど、火村はきっぱりと断言した。まるでそう語る彼の脳裏に、彼が全存在と引き換えにしてもいいと念じる具体的な誰かの顔を思い浮かべているかのようだった。

 

愛する者を守るためなら、自分は何だってやる。我がおつむは、ねぇそれってアリスのこと? もしかして、いや、もしかしなくてもアリスのこと? とやかましい。だって不安そうなアリスの「きてくれ。嫌な予感がする」という電話1本でぶっ飛んでくるんだぜ? 単純なおつむでよかった(わたしが)。

 

一方で、アリスはアリスで犯罪捜査にのめり込む火村の身をこっそりと案じている。

 

――俺も人を殺したいと思ったことがあるから。
 彼が犯罪と格闘する動機を説明する時によく用いる言葉だ。それに何も加えようとはしない。だから、私からは問うまい、と思っている。問わずに、心身とも強靭そうでいてどこか危うげなこの男がいよいよバランスを崩しそうな時に、――そんな瞬間が訪れないことを祈るが――救いの手を差し伸べてやれたら、などと思うこともある。

 

…っかー! この控えめな感じがいいよね。まとめると、お互いがお互いをめっちゃ好きなんだけど、自分の片思いだと思い込んでいるみたいな。相手の平穏をそっと陰から見守れたら自分は満足、みたいな。

 

決して踏み込もうとはしない。けど、相手のことをどこまでも想っている、みたいな関係がたまらなく好き。ええ、妄想ですけど。ブロマンス好きにはたまりません。

 

余談だが、巻末の宮部みゆきセンセの解説によると、「火村は女嫌い」だそうだ。ふぅどこまでも期待させやがる。このふたりが探偵&助手としてコンビを組んでいるだけで尊いので、これからも心してシリーズ全編拝んでいきたい。

 

古典ミステリを思わせるBL小説「海辺のリゾートで殺人を」(楠田雅紀)感想

孤島に新設されたリゾート地のモニターとして集められた客たち。夢のような場所で、事故か事件か微妙なラインの死亡案件が発生する。通信機器が使えず、警察も救助も、迎えの船も呼べない疑心暗鬼のなかで、さらなる悲劇が。

 

世間から完全に隔離された孤島! しかも客たちは鼻につくイヤなやつばかり! 立て続けに起こる殺人…アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」を彷彿とさせる設定が、ミステリ好きの血をうずうずさせる楠田雅紀の「海辺のリゾートで殺人を」。

 

いまいち…なんてレビューも見かけていたから、正直どうかなと思っていたけど、不覚にもじゅわっと涙が滲んだ。そうそうこれだよ、私が求めていたやつ!

 

作者さまにとって、これが初のミステリものというのだから…次作(ミステリものの)への期待を持たずにはいられない。控えめにいって、最高でした。

 

推理小説として読んだら、もちろん(?)アンフェアな作りではある。とはいえ、犯人の意外性とか、そこに至るまでの道筋とか、ラストで明かされていく真相は鮮やかで見事。

 

どこまでもクズな人間への怒り、復讐せずにはいられない人の深い絶望、孤独、悲しみ。滲み出る悔しさ、やるせなさに共感して、涙なくして読まずにはいられなかった!

 

本作がしっかりミステリーテイストで面白く仕上がっているのは、キャラクターに破綻がないというのも大きな理由だろう。ミステリーなら謎解きもそうだけど、動機だって肝心だ。「俺の体が血を欲してるんだ…!」とか「単純に気に食わなかったから」とか、チンプンカンプンな浅い理由で殺人が起これば、なんだそりゃって白けてしまう。

 

少し前に読んだサスペンス系BLで、どうしても会話が甘すぎるというか、ファンタジーというか、大の大人がそりゃねぇーだろ?!と思わざるを得ない会話の応酬で食傷気味になったものだから、地に足ついた感じの登場人物たちが本当に悲しくて、愛おしくて、応援したくなってしまったよ。

 

この作品に続編はないだろうか、作者さまにはまたミステリ路線の新刊を期待したい。

 

男に抱かれる夢を見る謎が怖すぎた。刑事BL「淫夢」(愁堂れな)感想

まるで2時間サスペンスドラマ、というレビューと、試し読みした冒頭の淫靡さに購入を決めた愁堂れなの「淫夢」。同い年の刑事コンビが結ばれる(?)までを描いたBL小説だ。

 

主人公の折本龍(受)は、繰り返し見る“淫夢”に悩まされている。自分が艶めかしい美少年の姿で男に抱かれており、押し寄せる快楽に戸惑いつつも溺れる夢。しかし龍はゲイというわけでなく、男に抱かれたい欲望を自覚したことはない。夢のディープな内容はもちろんだが、“なぜ”こんな夢を見るのか分からない。

 

そんな折、同僚で親友の木下葵(攻)と追っていた殺人事件の関係者に、夢の美少年そっくりの高級男娼の祐貴が現れる。龍は淫夢の謎が解けるかもしれないと接触を試みるが、祐貴は何者かに殺されてしまい――。

 

要約すると、執着攻めが流され受けを娶るお話しでした。ちゃんちゃん。

 

まあ何が良かったって、時折挟まれる龍の夢シーンですね。タイトルから受けるほど過激ではなく、例えるならスリラー映画の「ブラック・スワン」みたいな官能感。どこか背徳的で、欲望先行のしっとりエロでございました。

 

ただね、龍が淫夢をみたり、祐貴が殺されてしまったり、ストーリーの中心にあった“なぜ”は、エピローグでさらりと種明かしされるのだけど、こりゃあちょっといただけませんなあ、というオチでした。個人的に。

 

龍が淫夢を見るのにはちゃんと原因があるんですよ~って分かるんだけど、それの犯罪臭がすごい。というか、それを当本人に明かさず、これからは俺が幸せにするから問題ないだろ的な葵の発想が怖い。こう…龍の気持ちが置いてきぼりにされてる感があって、いたたまれんのです。

 

葵について、作中でもあるキャラクターから「タチが悪い男」って言われているんだけど、もし第三者が“淫夢の真相”を知ったら、全力で葵から龍を遠ざけたくなるくらい悪いと思う。

 

…そういう意味では、これってハッピーエンドというより、ホラーエンドといえそうだ。そう解釈すると、オカルティックな雰囲気も手伝って、怖すぎる執着攻めを読んでゾクゾクしたい時にいいかもしれない。

 

恋に溺れる刑事×美しき外科医にして殺人鬼。ミステリー風味BL「神のきまぐれ」感想

BLとミステリーって親和性の極みだと思うのだが、いかがだろうか。イニシエから2人の関係を匂わせる、ブロマンスな探偵小説は多いが、私が言いたいのはBLレーベルから、もっとガツンとしたミステリーものが出てもいいのではないか、ということだ。

 

というわけで、この頃は夜な夜なミステリーなBLを探している。しかしこれが意外と見つからない。ぐぬぬ。結局、ミステリーはあっても自分好みのキャラクターでないと読む気になれないのも一因だ。自分で門を狭めてどうする。

 

そんなこんなで今回、手に取ったのが剛しいらの『神のきまぐれ』。イケメン刑事×美人医者(殺人鬼)のミステリチックな小説。口コミから体を重ねるシーンは無しとの事前情報を得て、腰を据えてじっくり読める系かなあと期待して手に取った。

 

何より、葛西リカコ先生の美麗なイラストがそそる…! すらっと長身、憂いめいた表情の美しいメンズが顔を寄せ合う表紙の破壊力ったら。どの挿絵もすんばらしかった。ミステリームード漂う葛西リカコ先生の美麗イラストを見れただけでポチッた価値はあると本気で思う。

 

今のところ、私のなかでは凪良ゆうの『美しい彼』シリーズを超える傑作BLはないと思っているのだけど、それも葛西リカコ先生が手掛けたイラストも込みで…と思っているから、やっぱりイメージビジュアルがハマるかどうかって超重要だな。

 

さて本作は、かつて先輩刑事が取りこぼした犯罪者たちが次々に死んでいって、これは連続殺人事件では…? と疑う刑事の宇佐見と、明らかに重要参考人の美しき外科医、鈴村が互いの思惑を絡め合う、ミステリー風味のストーリー。構成上、謎は多くないから、あくまで“風味”で、平日の仕事終わり、頭を使わずにさらっと読み切れる内容だった。

 

作者あとがきを読んで合点がいったのだが、罪の意識を一切持たない鈴村の人物造形は、かの天才殺人鬼、ハンニバル・レクター博士にインスパイアを受けているようだ。一応付け加えておくと、トマス・ハリスの『羊たちの沈黙』シリーズに出てくる医学博士にして稀代のシリアルキラー、である。

 

もっともっと、この僕に恋して欲しい。そしてもっともっと、僕を疑い、苦しんでくれと鈴村は願う。

 

4歳にして初めて人を殺し、肉体ではなく心を犯したいとする鈴村は、自分の美しい容姿と可愛らしい振る舞い(演技)に耽溺していく宇佐見を陰で嗤う。そして宇佐美はというと、次第に鈴村が怪しいと勘づきつつも、惚れた弱みで真実を掴むのをためらう。

 

私的にはそうそう、コレコレ! なシチュエーションだ。私も『羊たちの沈黙』は大好物なので、作者さまの気持ちはめっちゃ分かる、という気になっている。…ここに、ガツンとミステリーが効いていたら、もっと面白いことになっていると思うのだが、いかがだろうか(冒頭に戻る)

 

BL×ミステリー、どこだー! まだまだ継続して捜索にあたりたい。

 

素人探偵と刑事のもどかしい欧米BLミステリー「アドリアン・イングリッシュ 悪魔の聖餐」感想

文庫本にして500ページ近くある超大作、いやあ読み応えがあった! 

 

欧米BL(M/M)小説の翻訳レーベル、モノクローム・ロマンス文庫の人気シリーズ第3弾。ジョシュ・ラニヨンの「アドリアン・イングリッシュ 悪魔の聖餐」。

 

LAでミステリ専門のクローク&ダガー書店を営む傍ら、素人探偵としての才覚があるアドリアン・イングリッシュ(受)と、“クローゼットに隠れた男”で刑事のジェイク・リオーダン(攻)のもどかしい恋愛模様と、骨太のミステリが両方楽しめる、――ブロマンスや匂い系の探偵小説が好きな人に全力で推せる作品だ。

 

 この頃、私のなかでアガサ・クリスティー有栖川有栖など、ちょっとした本格ミステリブームが起きている。シリーズ前作を読んでから、とある理由ですっかり日が空いてしまったのだけど、骨休みに(…といってはなんだが)、ミステリと萌えの同時供給を行いたく本書を手に取った。

 

さて、とある理由というのが、前作まででジェイク・リオーダンへの怒りが収まりそうにないことだ。彼の煮え切らない、もはや身勝手ともいえる“クローゼットに隠れた男”ぶりには「アドリアン! よりにもよって、なぜこいつなんだ!!!」という感情しか湧いてこない。

 

アドリアンは自分がゲイであることをオープンにしているが、ジェイクは違う。むしろそんな自分を心の底から嫌っていて、「女を愛する男」でいたいと願っている。そんなふたりだから、ギクシャクすることも多くて、ついにこの3巻では「それって、人としてどうなのよ…」ってことをジェイクがやらかします。価値観は咎めることじゃないにしても…おいこらジェイク!

 

しかしどれだけ外野の心が荒れようと、肝心なのはアドリアンその人だ。恋は盲目とか、惚れた弱みとか言うけれど、ホント、人を好きになるってどうしようもないんだな。来るかも分からないジェイクのために、でっかい冷凍ステーキを買ったり、何かあったら真っ先に思い浮かんで、話したくなったり。好きになるって理屈じゃないから、もう全部が切なくて、仕方がない。

 

外野のハートを余計に燃え上がらせる傷心気味のアドリアンの前に、いい感じの男性も現れて、続く第4巻、ふたりは一体どうなっちゃうの~!? というところで本作は終了します。ああ、どうなるのさ!

 

もちろん、本作でアドリアンとジェイクが謎を追うカルト集団による猟奇的な連続殺人事件もスリル満点だった。一見、謎が謎を呼んでいる…んだけど、フタを開けてみると、それぞれの登場人物たちが自分の思惑のために事態をややこしくしているのが面白い。

 

例えば、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」と比較してみると、「そして~」は物語の中心に謎があって、登場人物たちはその謎のために動いている。一方、本作は当たり前ではあるけど、人が中心にいて、それぞれが動くから、謎が生まれてくる感じ。どちらもミステリとして文句なしに面白いけど、謎に取り組むか、人を読むかという違いがある。

 

本作のもうひとつの見どころとして、巻末の三浦しをんによる解説は絶対に外せない。三浦しをんは過去にBLに特化したエッセイ本(シュミじゃないんだ)を上梓しているだけあって、ものすんごい熱量のBL考察が読める。

 

“しをん節”と言われる、笑えてライトな読み口の解説かと思いきや、アドリアンの切ない独白を引用し、人とは、孤独とは、マイノリティとは――まるで美しい短編を読んだくらいの読後感が残るすんばらしい解説であった。私のようにジェイクへの怒りがおさまらず、シリーズ完読を諦めた人でも、この作品への愛に溢れた解説は読んでおいて損はない。

 

そして不思議と、こうして書いてみると、ジェイクへの怒りが収まってきた私がいる。どうしようもない、ふたりの物語を最後まで見届けたいと思う。