ただ、ボラを愛でたくて。BL感想日記

ただ、ボラを愛でたくて。BL感想日記

ミーハーとマイナー上等。ニアもブロマンスもニオイ系も好き。読んだBL感想をネタバレなしでレビューします。

下克上オメガバース「捨てないでマイヒーロー」(ひもだQ)感想

Ωが攻めでαが受け、そしてキャラクター的にも下克上モノの尖りまくった「捨てないでマイヒーロー」(ひもだQ)。絵柄が美しくて好みだったのもあるけど、とにかく主人公ふたりのキャラクターがよすぎた(語彙力)。

 

ざっくりあらすじを紹介すると、オメガのあずさはかつて自分をいじめから救ってくれたアルファの楓(かえで)に執着強めの愛情を持っている。あずさは性格がちょっと(?)歪んでて、真正面からアタックするのではなくて、発情(ヒート)を利用したハニートラップをしかける。

 

そしてこのハニートラップがねえ、たとえ「つがいになって子どもができても、君を繋ぎ止めておける自信がない」ってね、未開拓の快楽のほうで楓を溺れさせそうとするんですよ。だからオメガ×アルファ!

 

もちろん楓はそれをよしとしない。自分をコントロールしようとするあずさに屈しない。というか、当初はあずさの告白をきいて「利用してやろう」と不埒なことを考えていたから、あずさの策略にハマって濡れ場に突入しても、ストーリーへの抵抗感はあまりない。

 

楓が、決していい人ではないところが、本作のミソなんだな。そして、あっさり絆されることなく、自分の過去と向き合いつつも、相手のことを考えて、自分の結論を出すっていう。

 

こんなやつに出会ってしまったから仕方がない、ではなくて、俺が決めて付き合っていくんだという覚悟。その着地点へ向かうまでの面白さったら、いやあ土台が安定してますな。

 

オメガバースという時点でそうだけど、BLっていうのは基本ファンタジーだ。今は多様性の時代で、同性同士の恋愛だって当たり前になってきているけれど、それ(現実社会)とBLは区別していかなきゃ誰も幸せにならない。

 

ただ、ファンタジーはやっぱりベースにリアリティがあってこそ、その世界観が楽しめる。ファンタジーとリアリティの欠如っていうのはちがくて、人物造形にしろ、職業やシチュエーションにしろ「そうはならんやろ」という無理矢理感が出てくるとあっという間にしらけてしまう。

 

その点、本作は主人公ふたりの性格や愛情ベクトルにブレがなくて、しっかり1本筋が通っている感じ。「末長くおしあわせに…!」って余韻を広げてくれる。

 

現実だってキレイなもの同士で恋愛するわけじゃないし、パーフェクトな人も関係性もない。さすがにマンガだから…というキャラクターではあるけれど、その誇張された執着愛にこちらまでじわっと熱くさせられた。