ただ、ボラを愛でたくて。BL感想日記

ただ、ボラを愛でたくて。BL感想日記

ミーハーとマイナー上等。ニアもブロマンスもニオイ系も好き。読んだBL感想をネタバレなしでレビューします。

これはBL…なのか?(いや違うと思う)とある同性愛要素含む海外ミステリ小説感想

SNSで「BLじゃないよと装ってBL大団円な海外ミステリ」という趣旨のコメントを見かけて、とあるドイツミステリを読んでみた。

 

ネレ・イノハウスの「深い疵」という作品だ。BL大団円というのがある種のネタバレなので、どんな人物たちのBLストーリーなのか、ということは伏せておく。

 

BLミステリ!!!と期待してワクドキ手に取った私が言うのもなんだけど、これってBLを期待して手に取っていい本ではない気がする。でも、ミステリ小説として震えるほど面白かったし、愛し合うメンズが重要なポジションにいるので、におい系の一般小説が好きな方は手に取ってみて損はないだろう。というか、BL云々抜きにして非常に引き込まれる物語だった。

 

本作はホロコーストという凄惨たる歴史を背景にした、連続殺人ミステリだ。著名な老人が射殺され、司法解剖してみるとユダヤ人のはすがナチの親衛隊員だった…という謎から幕が上がる。

 

f:id:bklgay:20220124125434j:image

 

この登場人物リストの数…!歴史物が苦手なのもあるし、ドイツ文学に馴染みがないのもあって、読み出す前に少し怯んだことは告白しておこう。

 

でも一旦ページをめくり出すと、映像が浮かぶような文章と引き込まれる展開ですぐさま物語に没入できた。文庫にして500P超えの大作で読み終えるのに1週間はかかったけども。

 

もともと刑事オリヴァー&ピアシリーズの1作らしく、主要人物たちの変わりゆく関係性を読むのも楽しかった。シリーズ他の作品は同性愛要素皆無だろうけど、読んでみたいと思っている。

 

というか、これってBLとか言っていいんだろうか。そもそもBLとは何だろう(哲学的問い)

 

今は多様なジェンダーに寛容になってきた反面、ある種では敏感さが増したようにも思う。たとえば男性同士の同性愛を取り扱った作品をすべてBLと言ってしまうのは、ちょっと違うというか。

 

だから本作をBLとしてオススメはしかねる。愛し合う男性同士は出てくるが、そこが物語の本質ではないし、面白さでもないからだ。

 

ちなみに非BLで愛し合う男たちの海外小説で私がバイブルと思っているのは、ポピー・Z. ブライトの「絢爛たる屍」だ。孤独な連続殺人鬼ふたりが運命的に出会い、凄惨な共同作業がはじまるというエログロなホラーミステリ。

 

なかなか描写がエグいので人を選ぶ、かつ絶版本で入手が難しいものの、耽美で猟奇的なラブストーリーは一度読んだら忘れられない。